ヘッダー画像

考えながら体を動かすことが記憶力を向上させます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動をしながら頭を使って考えることが、脳の中の記憶に関係している

「海馬」という部分の神経新生を高めてくれることがわかっています。

私たちの運動遊びプログラムは、子ども達が”考えなければできない”ので、

友達と楽しく遊びながらも、頭を使って考えることができます。

 

その運動プログラムの「走り幅跳び」をご紹介します。

一般的に行なわれる走り幅跳びと同じ動きになります。

ビニールテープなどで踏み切りラインを引き、

少しで良いので助走をつけて走ってきて、ジャンプします。

走りながら踏み切りに移行するには、事前に動きを予測して

歩幅を合わせなければいけません。

事前に動きを予測して動くことで、2つのことを同時に行なう協応力が育ち、

もっと複雑なプログラミングの必要な動きへの足がけになります。

 

ジャンプするときに腕をしっかり振ることや、

着地のときにしりもちをついたり、ひざや手をついて崩れた姿勢に

ならないように上手な見本を見せて、動機付けをしてから行ないましょう。