ヘッダー画像

運動することは体だけでなく脳にも良い影響を与えます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

体を鍛えることと脳を鍛えることは、とても深い関わりがあります。

運動をすることは、体の筋力を強くするだけでなく脳も強く元気にしてくれます。

そして心にも良い影響を与えることがわかっています。

小さい頃からたくさん体を動かし、友達と一緒に楽しく遊ぶことを経験していきましょう。

 

運動遊びプログラムの「なぞなぞ横跳び(ケンケン)」のご紹介をします。

赤と緑など、色が違う2本の縄を用意し、床に平行に置きます。

子ども達はその縄の間に入り、片足立ちになります。

そしたら指導者が「赤」「緑」と縄の色を言うので、

子ども達は指示された色の縄をケンケンで跳び越します。

 

指示も片足立ちで聞き、ジャンプも着地も片足だけで行なうので、

強い足の力や腹筋背筋が身に付きます。

フラフラしてしまってなかなかできない子は、手をつないでも良いです。

縄の幅を調節したり、友達と手をつないでやってみたり、

指示の出し方を「緑じゃない方」「七夕に飾った笹の色」「黒(無い色)」など、

少し考えることができる言葉に変えたりしながら、

判断力、思考力、イメージ力、語彙力などいろいろな力を

発達させるような工夫をしていくことも大切になります。

 

日々の適度な運動で、心、体、脳を健康に育てていきましょう。