ヘッダー画像

子どもが自分でより良いやり方を考えてできるような指導が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

子ども達に運動遊びを提供する時にはいくつかポイントがありますが、

最初からやり方を教えるのではなく、まずは自分たちでやってみて、

うまくいかなかったらどうすればうまくできるかを考えたり、

話し合ったりするということも大切なポイントになります。

それぞれに意見を出し合ったり、グループで話し合ったりすることで

コミュニケーション力や考える力なども育ちます。

わからない時はヒントを出しながら答えを引き出していきましょう。

 

運動遊びプログラムから「のれんくぐりクマ」をご紹介します。

鉄棒とマットを用意し、鉄棒にマットをかけて布団干しのようにします。

そして、四つんばいでひざとお尻を上げたクマさん歩きで

マットを頭で押してくぐっていきます。

 

マットを押す位置が額の方か頭頂部かで難易度が変わります。

顎を上げて額で押すと進みにくく、頭頂部で押すと楽に進めます。

最初から子ども達に伝えずに、まずはやってみるというのもおすすめです。

顎が開いていて進みにくい子がいたら、どうすれば進みやすくなるか、

もしくは上手な子にお手本を見せてもらって何が違うか考えるなど、

考えるための時間を少しとってみましょう。

 

また、手と足の指先にもしっかり力を入れていないと進みません。

足の指先に力を入れることで、地面をしっかり蹴ることができるようになり、

速く走れるようにもなります。

他にもいろいろな動きにつながるので、ぜひやってみてほしい遊びです。