ヘッダー画像

脳機能を使う生活を子ども達に教えていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

現代の子ども達にみられることとして、

・眠くないから夜遅くまで起きている

・友達と遊ぶよりもテレビやゲームをして遊ぶことが多い

・友達の家は遠くて、遊びに行くのは面倒だからやめよう

・近くに行くだけだけど、車で送ってもらえる

・お腹がすいても、家にはいつも食べたい物がおいてある

・好きな物しか食べない

・別に言葉を使わなくても生活できてしまう

 

 

これらのことは全て、脳機能を使わなくても良い生活、

つまり「脳機能を衰退させる生活」です。

子ども達が自分の力で変えていくことは難しいので、

大人がしっかり正しい生活に導くことがとても大切だと思います。

 

運動遊びプログラムの「アヒルつま先横歩き」をご紹介します。

アヒル歩きは、足を開いてしゃがんで、手をくちばしとしっぽに見立てて

歩く動きですが、この姿勢で横向きに歩いていきます。

横に動くためには足を股関節から動かす必要があるので、

股関節の柔軟性が上がります。

そして、進む時に一瞬片足立ちになるので、バランスをとる力がつき、

腹筋や背筋が育つことで普段の姿勢作りにも効果があります。

柔軟性を高めたい子、普段姿勢の悪い子などは積極的に行なうと良いでしょう。