ヘッダー画像

後出しじゃんけんが脳を活性化し、認識力や判断力を向上させます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

じゃんけん遊びは昔からある遊びで、今も子ども達が日常的にやっている遊びです。

通常じゃんけんは、だいたい勝つために行い、後出しはルール違反です。

でも、いつもと同じやり方、考え方ではなく違うやり方をすることで

脳はとても活性化するのです。

 

「後だしじゃんけん」で遊んでみましょう。

まずは、子ども達と一緒にグーチョキパーの手の確認をします。

そして、最初は指導者が出した手に勝つ手を出す練習をしてみましょう。

指導者が「グー」を出したら、それを見て考えワンテンポ遅れて勝つ手を出します。

何度か行い、勝つことがスムーズにできるようになったら、

次は指導者の出した手に負ける手を後出しで出してみます。

 

いつもは勝つことばかりを考えてじゃんけんをしているので、

負けることのほうが難しく、脳がとても刺激されます。

最初のうちはゆっくり行なうようにしましょう。

新しいことができるようになると子ども達はわくわくして、

その後の遊びも楽しく取り組むことができるかもしれません。

準備運動や、ちょっとした時間を使って遊ぶのもおすすめです。