ヘッダー画像

成功体験を多く感じながら運動を習得すると子どもの自信になります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達にとって、跳び箱が跳べる、縄跳びができる、逆上がりができる、

といったことは大きなステータスになります。

つまり、反対にいくらやってもできない場合は

そのことが大きなトラウマのようなものになってしまい、

そこから運動嫌いになってしまうということもあります。

 

子どもの発達の段階に合った動きの提供、

小さなステップアップで進めること、できたら褒めることなどで

楽しく運動ができるようにしていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

ウシガエルは足を開いてしゃがみ、両手を揃えて中につき、

手→足→手→足の順番につきながらジャンプしていくという

跳び箱の練習になる動きの遊びですが、

フラフープをプラスして、しっかり考えながら体を動かせるようにします。

 

まずフープは5個くらい用意し、縦につなげて並べます。

そしたらフープの中だけに手足をついて進んでいきましょう。

手をつくときに、そこに足もいれなければいけないということを考えてつき、

フープを踏まないように意識して行ないます。

このように考えながら動くことで、体の動きをコントロールすることが身につきます。

空間認知力や、先を読む力なども育つ遊びなので、

腕の支持力がついてきたらぜひ取り組んで欲しい遊びです。