ヘッダー画像

小さな成功体験をたくさん積むことが子どもが運動好きになるために必要なことです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動を提供するときには、

子どもは、大人に比べて「目標に向かってがんばる」ということができにくいので、

小さな成功体験をたくさん積み重ねていくことが大切になります。

成功体験を積み、達成感もたくさん感じながら運動することが

スムーズな技術の習得につながり、体を動かすことも好きになります。

柳澤運動プログラムは段階を追った動きをスモールステップで進めていくので、

幼児期の子ども達にとても受け入れやすい内容になっています。

そして、運動能力だけでなく幼児期から育てていくべき力である

「社会性」や「コミュニケーション能力」「語彙力」なども

積極的に養っていくことができます。

 

運動プログラムの「ペアで積み木」という遊びをご紹介します。

子ども達は2人組みになり、向かい合って体操座りのように座ります。

そしたら足だけを使って1人ずつ順番に積み木を積んでいきます。

できるだけ高く積み上げられるように考えながら行ないましょう。

慣れてきたら、ペア同士でどのチームが高く積み上げられるかを

競争してみると盛り上がって遊ぶことができます。

 

足から腰までの筋力や腹筋背筋を使うので、

苦手な子がいる場合は、高く積むのではなく

横一列に並べたりする方法などで、工夫して遊ぶようにします。

力を必要とするパワー系の遊びではないので、

普段の競争ではなかなか勝てない子も活躍できる遊びです。

いろいろな遊び方で子ども達のやる気を引き出していきましょう。