ヘッダー画像

体のコントロール力を身に付ける為にはたくさん体を動かすことが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が体を止めて話を聞くことができない、

動きがだらだらとしていて締まりがない、

こんな時にただ体を止めるように言っても子ども達はなかなかできません。

体は動かしていることよりも、止めることのほうが難しく、

必要な力をつけて自分の体をコントロールできるようにしていかなければいけません。

”動ける体が止まれる体を作る”のです。

 

運動プログラムの中の「方向ジャンプ」をご紹介します。

子ども達は足を閉じてくっつけておきます。

指導者が「前」「後ろ」「右」「左」というように、

跳ぶ方向の指示を出すので、それに合わせて跳んでいきます。

初めのうちは「前」と「後ろ」だけにして、

「前、後ろ、前、後ろ」から「後ろ、前、前、後ろ」など

ランダムにしてみたりスピードを上げることでレベルアップしていきます。

次に、「右」「左」の動きを混ぜてさらに難しくしてみましょう。

 

この遊びで、腕を振りながら足を閉じてジャンプする練習ができ、

聞く力、判断力、動きを切り替える力などが育ちます。