ヘッダー画像

遊び方を工夫して運動量を確保することもポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に大縄跳びを提供するとき、なかなか入れない子が多かったり

すぐにひっかかってしまう子が多かったりすると、

せっかくの運動の時間なのに、子ども達の運動量が全然稼げない。

ということはないでしょうか。

回し手が何人もいれば子ども達を分けてできますが、

必ずしも大人の手が足りているわけではないので、

そんな時は「エアー縄跳び」をおすすめします。

 

やり方は、通常と同じように大縄を回します。

子ども達は、最初は縄の方に体を向けて立ち、

縄が自分の足元にあると思って跳びます。

実際には縄は足元にはきていませんが、イメージして、

ひっかからないようにタイミングを合わせて跳びます。

そうすると、引っ掛からないので動きが止まることがなく、

全員が一定量の運動量をこなすことができるのです。

 

縄を正面から見て跳ぶことができたら、次は実際に大縄跳びを跳ぶ時のように

体を横向きにしてチャレンジしてみましょう。

腕を振って、その場でのジャンプができるように練習してみてください。