ヘッダー画像

達成感や成功体験は多ければ多いほど自信につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達にとって「動ける体」はステータスになります。

幼児期から遊びの中で積極的に体を動かし、いろいろな体の動かし方を知り、

動けるようになることで自然と運動が好きになります。

まずは小さなステップアップで、たくさんの達成感や成功体験を積み重ねていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「高速カンガルーのカップタッチ」をご紹介します。

床に赤、黄、青、緑など複数の色のカップを間隔を空けて並べます。

そしたら足を閉じてひざをくっつけた状態のカンガルージャンプで

カップをタッチしながら進んでいきます。

高速なので、できるだけ速く進み、

カップタッチをする時にはカップの色を声に出して言います。

声に出すことで、判断力や語彙力を上げることにつながります。

 

また、速いスピードになることで足が離れてしまいやすく、

腕の振りもおろそかになってしまいがちです。

しっかり意識付けをし、慣れるまで繰り返し行なうことが大切です。

繰り返し行なうことで、自分のタイミングがつかめてくるので

カンガルーの形を崩さずにできるようになってきます。

慣れるまではカップの間隔を広めに設定し、

慣れてきたら間隔を狭くしていくようにしましょう。

指導者と競争しても楽しく遊べるのでおすすめです。