ヘッダー画像

自然には育たない「社会性」を遊びの中で身に付けましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が育っていく中で、意識して育てなければ育たない力があります。

それは、我慢したり、順番を待つ、友達の気持ちを考えるなどの力です。

これらの力は、社会で生きていく上で必要不可欠な社会性という部分です。

ぜひ積極的に遊びの中に取り入れ、運動能力だけでなく

生きるために必要な能力も身につけていってほしいと思います。

 

運動遊びプログラムの「ポイントジャンプ(忍者の修行)」のご紹介です。

まず、A4サイズくらいに切ったダンボールにガムテープなどを巻いて、

滑りにくくした物を複数用意します。

赤、緑、黄など色もつけておきます。

それを間隔を空けながらランダムに置き、”石”に見立てます。

そしたら子ども達は、忍者になってその石の上だけを渡っていきます。

石の上から落ちないように渡っていきましょう。

 

次は、渡っても良い石の色を指定して渡るようにします。

「赤と黄色だけ」「黄色と緑じゃない色」「バナナの色」など、

語彙力や認識力、判断力を刺激するような指示の出し方で遊びましょう。