ヘッダー画像

日常生活の中に運動遊びを取り入れるのもおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に体を動かすことを習慣付け、運動を好きになってもらうには、

日々の生活の中に自然に組み込むこともポイントです。

まとまった運動遊びの時間は毎日とることができなくても、

日々のちょっとした時間に取り入れることで

継続的な取り組みで力をつけていくことができます。

 

例えば

・トイレに行く時に一列に並んで犬歩きやクマ歩きで行く。

・絵本の読み聞かせの前に手遊びで指先を動かす。

・みんなで移動する時に一列に並んでまねっこ歩きをする。

・帰りの会の前に絵カードでシルエットクイズやジェスチャーゲーム。

・さようならをする時に、1人ずつジャンプしてタンバリンタッチをする。

 

など1つ1つの切り替えのタイミングや移動時間を使って

体を動かす動作を入れることができ、

短時間なので子どもが集中して取り組むこともできます。

体を動かすことが苦手な子でも、こうした継続的な取り組みで力が育ち、

今まで苦手だったことがいつの間にかできるようになり、

徐々に運動が好きになる、ということも期待できます。

 

すべての子どもが運動を好きになれるように、これからも活動していきたいと思います。