ヘッダー画像

年齢が低いほど運動が好きになる肯定感が芽生えやすくなります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちは、「すべての子どもが運動を好きになる」ことを目的として

運動遊びを提供しています。

そして運動遊びで最も大切なことは、ただ体を動かせば良いのではなく、

あくまでも心地よく、楽しいということが必須条件になります。

1人でただひたすら走っていても、脳機能は高まりません。

友達と一緒に楽しく体を動かすことでその後の集中力などが高まります。

ぜひ、楽しい運動遊びで子ども達と一緒に遊んでみてください。

 

運動遊びプログラムの「イメージ縄跳び」をご紹介します。

大縄跳びを跳びながら、言葉遊びをしていきます。

例えば「黄色いものを2つ」や「緑色の野菜を3つ」などの質問をします。

3つ答えを言う場合はしっかり考えなければ出てこないと思います。

この考えている時にも、大縄を跳ぶリズムを保たなければいけません。

答えが難しければヒントを出してあげましょう。

 

慣れてきたら1人ずつではなく、3人ずつ入って

前の人から順番に答えるなど、アレンジを加えていき、

いろいろな遊び方で楽しんでみてください。