ヘッダー画像

速い回転の遊びで回転感覚を養っていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動遊びを提供するとき、大人が補助をすることで

やったことのない動きを体験してもらうことも、

子ども達の意欲を引き出すことにつながり、効果的です。

 

運動遊びプログラムの「焼いもごろごろ」は

マットの上で手足をまっすぐ伸ばして横向きに転がる動きですが、

ここに大人が力を加えてあげると、楽しさが増します。

「焼いも洗い機」という遊びをご紹介します。

まず子どもはマットの上に寝転がり、手はバンザイのように伸ばしてくっつけ、

足もまっすぐに伸ばしてぴたっとくっつけます。

このまま横向きに転がっていきますが、

自分で転がるのではなく、指導者が転がしていきます。

自分たちで転がるよりも速いスピードで転がしてあげ、

速いスピードでも怖がることなく、手足をしっかりのばしたままで

姿勢を維持できるようにしていきましょう。

 

慣れてきたらマットの端を少し上げて傾斜をつけても

子ども達はとても楽しく遊ぶことができ、

回転感覚や体のコントロール力などが身に付くのでおすすめです。