ヘッダー画像

逆さまで考えることで強い判断力を育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちは、逆さまの状態では判断力が低下します。

その状態で頭を使って考えることで、脳をしっかり働かせることができます。

逆さ感覚が身に付いてきたら、逆さまになるだけでなく、

さらにステップアップを目指して遊びましょう。

 

鉄棒遊びの「コウモリでなぞなぞ」は、逆さまのコウモリの姿勢で

なぞなぞや質問に答えていく遊びです。

まずは鉄棒につかまってぶら下がり、膝を手の間にかけて

コウモリに変身します。

しっかり顎を開いたら、「何組さんですか?」「好きな色は?」

などの簡単な質問からしてみましょう。

余裕がありそうだったら、次からは「赤くて丸いお野菜はなんだ?」

「緑色の野菜を3つ言ってみて」など、

徐々に少し考えることが必要な内容にしていきます。

 

ぶらさがる時間が30秒を超えたり長くなってくると

落下の危険が高まるので、あまり長くかからないように気をつけます。

そして、子どもの片手首をにぎる補助を必ず行い、

安全に遊ぶことを一番にして活動していきましょう。