ヘッダー画像

運動遊びはアレンジ次第で身につけられる力がどんどん増えます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちの提供する運動遊びは、いろいろなアレンジをすることができ、

それによって育てられる力を増やしていくことができます。

子ども達と一緒にルールやアレンジ方法を考えることで、

子どものやる気や考える力、社会性なども育てることができます。

一方的に提供するだけでなく、時には子どもの意見を取り入れて、

子ども達がより楽しめるような時間を大切にしたいと思います。

 

「ジグザグ歩き」も工夫次第でいろいろな遊び方をすることができます。

まずは床にテープでジグザグのコースを作ります。

初めは広めのコースから挑戦し、徐々に狭い幅のコースに挑戦していきます。

次は、その中をクマやカンガルーなどの動物で歩いてみます。

さらにレベルアップする方法としては、コースの線をテープではなく

カップを使って作ってみます。

カップで、は点と点をつなぐように自分でコースをイメージして

進まなければいけないので、より空間認知や体のコントロール力、

イメージ力などが育ちます。

 

様々なアレンジで子ども達の意欲を引き出し、楽しく能力を育てていきましょう。