ヘッダー画像

「がんばればできる」と自分を信頼できるような経験を。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は、遊びの中で感じた「やった!」「できた!」という達成感から、

その先を信じ、「自分はがんばればできるんだ!」という

自分への信頼感を獲得することにつながっていきます。

幼児期の成長には、運動の面でも学習の面でも

たくさんの”達成感””成功体験”を感じることがとても重要なことです。

運動遊びでも、多くの達成感を感じながら子ども達の運動能力を伸ばし、

同時に心や脳も育てていきたいと思います。

 

運動遊びプログラム「りんごキック」のご紹介です。

これは、逆上がりの動きにつながる遊びの1つです。

まず、鉄棒につかまり腕を曲げたままでぶら下がります。

足も曲げて上に持ち上げ、りんごのように丸くなれるように

できるだけ体を小さくしてみましょう。

このりんごの形ができたら、そこから目の前にある目標物を

両足を揃えてキックします。

キックする時は、足がバラバラになったり腕が伸びてしまわないように

意識を集中させながら行ないます。

 

かなり腕の懸垂力や腹筋を使う動きなので、

まずは上手なりんごさんになれるように練習してから行い、

苦手な子は少しお尻を支えてあげる補助を行ないましょう。

 

上手にできる子が増えてきたら、得点をつけて競争したりすると

子ども達も全力でがんばることができるのでおすすめです。