ヘッダー画像

子どもの興味や関心が発展するような指導がポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動遊びを提供する時には、子ども達の興味をひき、

「やってみたい!」と思わせることがとても重要です。

ただ「この動きをやりましょう」では子ども達のやる気を引き出すことはできず、

やらされているだけの時間になってしまいます。

やらされていると感じている時の活動では身に付く力は少なく、

脳も活性化しません。

子ども達も楽しくない活動はやりたくないので、

次からも意欲的に取り組むことができず能力を育てることができません。

私たちの運動プログラムでは子ども達の興味をひくために

細かな工夫がされていて、アレンジしていくこともできます。

 

「しゃがみカニ歩き+障害物」の遊びをご紹介します。

平均台の上で横向きになってしゃがみ、両手は顔の横でチョキにし、

つま先立ちでカニ歩きをして進んでいく動きですが、

途中に縄などの障害物があるので踏まないように進みます。

このとき「縄を踏まないで行こうね」と言うよりも

「途中でへびさんがお昼寝してるから、踏んで起こさないようにね。

もし起こしちゃうとかみつかれちゃうかも!」と言うほうが、

縄を踏まないための動機付けがより強くでき、

子ども達もわくわくしながら取り組むことができるのでおすすめです。

 

カニ歩きでつま先の力やバランス感覚を育てることができ、

障害物をプラスすることで足を上げることが必要になるので

さらに腹筋背筋力や集中力も身に付きます。

下半身の力を強く育てることで、日常生活の場面でも、

長い時間良い姿勢を維持することに効果があります。