ヘッダー画像

子どもが自分をコントロールできるように力を育てていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が社会の中で生活していくために身につけておきたい力はたくさんあります。

それは口で教えても伝わるものではなく、

近所のお友達、保育園や幼稚園、小学校など集団生活の場で

人と直接関わりながら身につけていく力です。

お友達と一緒に遊びながら、感情をコントロールすることや

相手の気持ちを考えること、自分の意見を言えることなど

様々な力を育てていくことが幼児期にはとても大切です。

 

私たちの運動プログラムでは、楽しく体を動かす運動遊びで

幼児期に必要な力を積極的に育てていくことができます。

運動プログラムの「スキップ途中で大ジャンプ」をご紹介します。

まずは、みんなで一斉にスキップをします。

途中で指導者が合図を出したら、大きくジャンプをします。

スキップの姿勢からのジャンプなので、

片足で強く踏み切り、着地も片足でふらつかないように

しっかりと着地するように意識することがポイントです。

 

合図がいつくるかを意識することや、それに合わせて動くことで

人を意識することにつながり、社会性などの力が育ちます。

スキップやジャンプでは体幹の力の腹筋や背筋、

脚力や足の指先の力をつけていくことができます。

狭い場所では危ないので、広い場所で楽しく遊ぶのがおすすめです。