ヘッダー画像

側転も段階を追って練習することでスムーズに習得できます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

縄跳びや逆上がり、側転など一度に複数の動きを行なわなければいけないものは、

1つ1つの動きを理解して、必要な力をつけていかなければできません。

例えば、腕と足が違う動きをするものは最初から行なうのは難しいので、

動きを分解し、力をつけながらだんだん完成形の動きに近づけていきます。

これからご紹介する遊びは、側転の動きにつながる遊びの1つです。

 

運動遊びプログラムの「クマ忍者の修行(平均台編)」のご紹介です。

平均台は低めのものを用意します。

そして、平均台に手をついたら足だけ平均台の左右に跳びます。

このとき顔が下を向いていると腕が曲がりやすくなり危ないので、

しっかり顔を前に向けて行なうようにします。

ジャンプする時の足は、最初は片足ずつバラバラになっても良いですが、

徐々に足をくっつけた状態で横跳びができるようにしていきます。

両足をそろえたジャンプと着地で一体感のあるジャンプができます。

 

もし平均台の高さで怖さがある場合は無理に行なわないようにし、

平地でできるマット編のクマ忍者で遊ぶようにします。

しっかり感覚や力を身に付けながら、少しずつステップアップしていく

ことがとても大切なことです。