ヘッダー画像

生きていくのに必要な基礎力を意識的に育てなければいけない時代です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

昔の子ども達は、遊びや生活の中で自然と

生きていくために必要な基礎力をつけていました。

ただの木や石を使って工夫して遊ぶこと、年齢の違う友達との関係、

みんなで遊ぶことで落ち込んでいる子がいれば励ましたり、

勝ち負けのある遊びで悔しい気持ちを経験したりしながら

感情をコントロールすることも覚えていました。

しかし、今の時代は違います。

たくさんのおもちゃや遊具があり、工夫しなくても遊べます。

環境の変化から子ども達が外で遊ぶことも減り、

子ども達の心、脳、体は意識的に育てていかなければいけなくなりました。

幼児期の大切な時期を無駄にしないよう、しっかり育てていきたいと思います。

 

運動遊びプログラムの「跳び箱の跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を複数用意し、低い→高い、高い→低いというように並べます。

子どもは跳び箱の上に乗り、ジャンプして渡っていきます。

最後、着地する時は両足を揃えてピタッと着地しましょう。

跳び箱が複数ない場合は丸めたマットでも代用できます。

難易度を上げる場合、高さはあまり上げずに、跳び箱の間隔を

広げるようにしてレベルアップをはかりましょう。

 

高さに恐怖心がある子は背中が丸まって目線が足元ばかりにいってしまいます。

隣で手をつなぎ、目線を上げるように声掛けしてあげましょう。