ヘッダー画像

言葉を発する模倣遊びで人前で自分の気持ちを言う練習になります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

お友達の前で声を出したり、自分の気持ちや意見を言うことに

抵抗を感じてしまう子がいます。

集団生活の中で少しずつ慣れていきますが、

運動遊びの時間にもその練習ができます。

 

運動遊びプログラムの「マネっこ遊び」では、

指導者の言葉と動きを真似して遊びます。

例えば指導者が「あたま」と言って頭を触ったら、

子ども達も同じように「あたま」と言って頭を触ります。

これを体のいろいろな部位で繰り返していきます。

 

触る動きだけでなく、言葉を一緒に発することがポイントです。

お友達と一緒に大きな声で言葉を言いながら行なうことで、

仲間意識も芽生え、人前で声を出すことへの抵抗感が減ります。

そして、しっかり指導者の言葉を聞こうとすることで、

普段の生活の場面でも人の話を聞くことができるようになります。

 

子ども達の力は遊びの中で育てていくことが一番効果的です。

いろいろな工夫で楽しく遊び、力の発達を促していきましょう。