ヘッダー画像

ワクワクする遊びで子ども達のやる気を引き出しましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が「やらされている」と感じている活動では、

子ども達が吸収するものや育つ力はあまり期待できません。

自らが「やりたい!」と思って向かう活動では

子ども達が学び取るものは大きくなり、しっかり身に付きます。

そのために、子どもの意見やアイデアを取り入れた活動を

ところどころに取り入れることが効果的です。

これからご紹介する遊びも、子どもと一緒に作り上げていくことで、

いろいろなアレンジで遊んでいくことができます。

 

運動遊びプログラム「すり足でジャングルツアー」のご紹介です。

ホールの中に、縄、ブロック、コーン、スリッパなど

いろいろなものをばら撒きコースを作ります。

作る時のポイントは、横向きに歩くコース、後ろ向きに歩くコース、

でこぼこで足場の悪いコースなどを作ることです。

そして、指導者が猟師になり小猿の子ども達を捕まえようと狙っている

という設定で、音を立てないようにすり足でコースを進みます。

 

”音を立ててはいけない”という設定は子ども達の楽しさを

 

刺激するので、簡単なコースでも楽しく遊べると思います。

難易度を上げる方法としては、障害物を増やしたり、

手を頭の上に乗せたまま歩くようにしたり、

工夫次第でどんどんアレンジしていくことが可能です。

 

 

すり足歩きと障害物で、体のコントロール力や集中力をつけながら、

楽しく遊んでいきましょう。