ヘッダー画像

「線路ウシガエル」で開脚跳びに必要な力を身につけます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

赤ちゃんの時期のハイハイから徐々に立って歩くようになると、

子どもは腕の力を使う機会がとても減ります。

しかし、歩き始めや2歳頃はまだ安定せずに転んでしまうこともよくあります。

その時に腕でしっかり体を支えることができないと、

顔や歯に怪我をしてしまうことにつながります。

一人歩きができるようになっても、ハイハイ遊びなどで

手や腕の力をつけていくような遊びをすることが大切です。

 

運動遊びプログラムにも腕で体を支える支持力を養う遊びがたくさんあります。

「ウシガエル」の動きではこの支持力をしっかり育て、

跳び箱や側転に必要な力を身に付けられます。

そして、日常での顔への怪我を減らす効果も実証されています。

ウシガエルのポイントは、足を大きく開いてしゃがみ、

手はパーにしてくっつけた状態で前につき、

手→足→手→足の順番で進んでいくことです。

手は中、足は外ということをわかりやすくするために、

2本のテープなどで線路を作り、手は線路の中、

足は線路の外というようにして行なう「線路ウシガエル」がおすすめです。

 

もう1つ大事なポイントは、足の着地位置です。

最初は手の横まで跳べれば良いですが、少しずつ手よりも前に

持ってこられるように意識して遊んでいきます。

より腕にかかる負荷が増し、力が育ちます。

ただ腕の支持力がまだ不十分な場合は、腕が曲がって

顔からつぶれてしまう危険もあるのでマットの上で行なうなど

安全に配慮した環境で行なうことが大切になります。