ヘッダー画像

逆さま状態での恐怖心を減らして遊びを楽しみましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちには、逆さまになった時に自分の中の空間認知の力を使って

上下左右を置き換えて理解する能力があります。

これは、小さい頃から逆さまの感覚を体験し養っておくことで

スムーズに行なえるので、まだ逆さまに慣れていない子は、

たくさん逆さまになる遊びを行なって感覚を身につけることが大切です。

 

運動遊びプログラムの「コウモリ握手」をご紹介します。

まず、鉄棒に両手でつかまってぶら下がったら

膝を手の間の部分にかけてコウモリの状態になります。

体が硬直せず、顎を開いて下を見られる状態の子は、

そこから片手を離して隣にいる指導者と握手をしてみます。

 

逆さ感覚がまだ不十分で、体が硬直していたり顎が開けない子は

無理に片手を離すことはしません。

上手にできる子でも、片手でつかまっている状態では落ちやすいので、

必ず片手の手首を握る補助を行なうことが必要です。

鉄棒遊びは落下の危険がある遊びなので、

いつも危険予測をしながら指導、補助を行なうことが大切です。