ヘッダー画像

普段意識して動かさない部分も動かして遊びましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期には体のいろいろな動かし方をすることが大切ですが、

日常生活の中だけでは、どうしてもあまり動かさない部分が出てきます。

これを運動遊びで補っていくことができます。

 

運動遊びプログラムの「アヒルダッシュ」では、

足を動かす時に太ももの付け根から動かすことができます。

まずアヒルの動きは、足を開いてしゃがんだ状態で歩きます。

しっかり体重移動をさせながらバランスをとり、つま先歩きで進みます。

歩くことができたら、次は走ってみます。

この姿勢で走るためには、足を太ももの付け根から大きく

動かさなければ速く走ることができません。

そして、足の指先で強く地面を蹴ることを覚えると

かけっこで走るのも速くなります。

また、アヒルで走ることでさらに体重移動が上手になり、

体をぴたっと静止させるような動作も上達していきます。

 

長い時間行なうと疲れてしまうので、短い距離で行なうようにし、

ただ走るだけでなく楽しめるアレンジも加えて、

子ども達のやる気を引き出すことが大事なポイントです。