ヘッダー画像

逆さまの状態でも体の動きをコントロールする力をつけましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動を提供する時、その子の段階に合わせた動きを提供しますが、

時には1つ上の段階の動きを補助つきで体験させてあげることも大切です。

 

運動遊びプログラムの「忍者前回り降り&逆上がり(補助つき)で

筋力のパワーアップも目指しながら、逆上がりの動きを体験しましょう。

まず鉄棒につかまって跳び乗り、肘を伸ばしたすずめさんになります。

そこからゆっくり肘を曲げながら前回りをします。

ゆっくり回って体が下に来たら腕を曲げて空中で止まり、

そのまま反対回りで逆上がりをします。

 

足を1回も地面に付けずに宙に浮いているためには、

腕をしっかり曲げて体を鉄棒にひきつけることが必要です。

この状態から自分の力だけで逆上がりにつなげることは

難しいことが多いので、お尻や背中を少し押してあげる補助をします。

できるだけ子どもの力でがんばれるように、

補助はあと少しのところを手伝ってあげる程度にします。

 

ゆっくり回転して体の動きをコントロールすること、

逆上がりの時に足をどこに持っていけば回れるのか理解することを

目的として、繰り返し行い少しずつ感覚を覚えていきます。

腕、腹筋、大腿筋を強く育て、力をつけていきましょう。