ヘッダー画像

色の認識やイメージ力を高めながら跳躍力を育てる遊びです。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の跳躍力を効果的に育てるためには、

足を閉じた状態で行なうジャンプがおすすめです。

足を開いてバラバラのジャンプだと、

大切な足の指先の踏ん張る力や脚力、腹筋背筋などが

あまり使われないのでしっかり育ちません。

 

足を閉じたジャンプの練習をするために

運動遊びプログラムには「カンガルージャンプ」があります。

この動きにアレンジを加えた「カップタッチカンガルー」で

色の認識力を高めながら力を育てていくことができます。

 

まず、赤、緑、黄などの複数の色のカップを用意し、床に並べます。

色はバラバラに、少し間隔を空けておくようにしましょう。

そしたら、子どもは足を閉じたカンガルーさんで進みながら

まずは好きな色のカップにタッチしながら進んでみます。

タッチする時も足を閉じたまましゃがむのがポイントです。

そして、次からは指導者に指定された色だけをタッチしていきます。

「赤」「黄」だけでなく、「緑と黄色じゃない色」や、

「りんごの色」などの指示で、子どもの考える力やイメージ力、判断力を

養うような工夫をすることもポイントになります。

 

カップタッチに集中することで足が離れやすくなります。

声掛けで再度意識付けをしながら遊んでいくようにしましょう。