ヘッダー画像

縄をよく見て跳ぶ遊びで大縄跳びの練習をします。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

小学校では、大縄跳びを体育の授業などで行なうことが多いと思います。

大縄跳びは、回ってくる縄にタイミングを合わせて跳び越す遊びですが、

この動いている縄にタイミングを合わせて跳ぶことが意外に難しく、

同時に同じ位置で連続して跳ぶことも必要になるので

中には苦手意識を持ってしまう子もいます。

 

運動遊びプログラムの「タイミングジャンプ」で

タイミング良く縄を跳び越すことと、同じ位置で跳ぶことの練習ができます。

まず床に2本のテープを使って20~30cm幅のラインを作ります。

このラインの中に入り、中から出てはいけないことを伝えます。

そしたら指導者は縄を持ち、子どもの足元を通り抜けるように動かします。

子どもは縄をしっかり見てタイミングを合わせて足を閉じて跳ぶこと、

体は指導者のほうに向けること、線から出ないことを意識して跳びます。

 

動機付けとして、「カンガルー(子ども)が遊んでいたら、

へびさん(縄)がきたよ!へびさんに足を噛まれないように

ジャンプして跳び越そう!」というような設定にし、

子ども達がしっかりポイントを意識してできるようにもっていきます。

だんだんスピードを上げて、小さなジャンプで連続して跳べるように

繰り返し練習していくことが大縄跳び習得のポイントになります。