ヘッダー画像

体の動きをコントロールできるように工夫して遊びましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動遊びを提供する時には、子ども達が

「やってみたい!」と思えるような導入をするのもポイントになります。

ただこの動きをやりましょう。ではやらされているだけになってしまいます。

そこで、楽しいストーリー設定で展開していくと、

子ども達の興味を引き付けることができるのでおすすめです。

 

私たちの運動プログラムでは動物の動きが基本になっているので、

森の中、などの設定でいろいろな動物を登場させていきます。

これからご紹介する「片足クマの通院」もストーリー仕立てで

楽しく導入することで子ども達のやる気を引き出します。

 

まずはマットの下に丸めたゴザや積み木などを入れてでこぼこ道を作ります。

このマットの上を両手と片足で進む片足クマで進んで行きます。

「クマさんが森の中を歩いていたら片方の足を怪我しちゃったよ。

痛いから、地面につかないように高く上げて歩こうね。

今日は地面がでこぼこしてるから、転ばないように気をつけて病院に行こう。」

というような展開にし、片足を上げるための動機付けをします。

マットの最後で指導者が足を触って治してあげるフリをすると

子ども達はとても盛り上がります。

 

同じ動きでも、楽しく行なうと脳の活性が高まり、

身に付く力も大きなものになります。

ちょっとした工夫で楽しい運動遊びを提供することができるので、

まずは大人が楽しみながら一緒に遊ぶことが大切です。