ヘッダー画像

安定した走りを身に付けるとかけっこも速くなります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

春に運動会を開催する学校が増え、練習も本格化してきた時期だと思います。

運動会といえばかけっこやリレーが見ものです。

かけっこやリレーで1位になれるように子ども達は

必死にがんばって練習していると思います。

速く走るためには、体の軸を安定させてまっすぐ走ることが必要です。

そのために、腹筋背筋をしっかり身に付けバランス良く走る練習をしましょう。

 

運動遊びプログラム「めだか走り」のご紹介です。

両手を前に上げて手のひらを合わせた状態で走るのがめだか走りです。

ポイントは、腕を曲げずに伸ばして走ることです。

普段走る時には腕振りの反動を使って走っていますが、

腕を前に固定することで軸が安定しなくなるので、

バランスをとりながら走る力が強く育ちます。

そのおかげで、カーブの曲がり方や障害物を避けて走ることも上達します。

 

1人で走っても楽しくないので、指導者の後ろに子ども達がついて

一列になって走って遊びます。

途中でクネクネ走ったり、速さを変えたりすることで

さらに楽しみながら力をつけていくことができます。