ヘッダー画像

全身のバランス力を鍛えて転びにくく怪我をしにくい体にします。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

足の指先の力や腹筋背筋といった体幹の力を付けることは、

体のバランス力を向上させ、転びにくく怪我をしにくい体を作ります。

平均台渡りをアレンジしてバランス力アップを目指しましょう。

 

平均台の上にはカップなどの障害物を4つほど置きます。

子どもはその障害物に当たらないように気をつけながら

平均台を渡っていきます。

慣れてきたら障害物の数を増やしたり、コースを長くしてみます。

バランスを崩さないように渡るためには

手をどうしたら良いか、足の運び方や膝はどうしたら良いかなど

子ども達に質問しながら導入し、上手な見本を見せて

良い形をイメージしながら行なえるようにします。

 

もし落ちてしまっても怪我をしないように、

下にはやわらかいマットを敷き安全に楽しく遊びましょう。