ヘッダー画像

後ろ歩きで後方への意識が強くなり動きの幅が広がります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

日常生活の中で後ろ向きに歩くことはほとんどないと思います。

後ろ向きで見えない方向に向かって歩くことは、

足先の感覚により集中し、後ろへの意識も強くなることにつながります。

後方への意識を強めることで、

後ろ向きに回転する動きなどが大きく行なえるようになります。

これは動きの幅が広がることにつながるので、ぜひ行なっていきたい動きです。

 

運動遊びプログラム「つま先後ろ歩き」のご紹介です。

床には1本の縄をまっすぐに置きます。

そしてこの縄の上をつま先歩きで後ろ向きに歩いていきます。

縄から落ちないようにしっかり足先に意識をむけ、

バランスをとりながら歩くようにしましょう。

見えない方向へ進むことは怖いので、指導者は後ろから声をかけ、

安全にゴールできるように配慮して遊びましょう。

 

運動遊びでは普段行なわない動きで、必要な力の発達を促していきます。