ヘッダー画像

基礎筋力を育てることで子どもの怪我を減らせます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が怪我をする場面は、運動、遊び、日常生活の中、

いろいろな場面で起こります。

それらの怪我を防ぐために、普段からたくさん体を動かして

いろいろな体の動かし方や感覚を知り、

バランスのとれた体作りをすることが大切です。

 

運動遊びプログラムの「切り返しウシガエル」のご紹介です。

ウシガエルの動きは、腕で体を支える支持力を身に付け、

足を開いて跳ぶことで跳び箱の練習になるものです。

このウシガエルでジグザグに進んでいくことで

体をコントロールしながら進む力が育ちます。

コースは、コーンなどをジグザグに置いて作ります。

コーンの外側をウシガエルで進んで行きますが、

方向を変えるときには、目線をコーンの方に向けて

お尻を外に振るようにジャンプする必要があります。

これが上手にできるようになると、側転や跳び箱の動きにつながり、

今後の運動への移行もスムーズになります。

 

ポイントを押さえながら楽しく遊べるような工夫をしていき、

子ども達の力を伸ばしていきたいと思います。