ヘッダー画像

縄と積み木で子どもの認知力を高めることができます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に、動く、記憶する、判断するという複数のことを同時に行なう力をつけ、

日常生活でもいろいろなことに意識を向けられるようにしていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「つなわたりの途中で積み木拾い」がおすすめです。

用意する物は大縄くらいの長さの縄と、複数の積み木です。

床に縄を少しクネクネになるように置き、左右に積み木をばら撒きます。

そして、裸足になって縄の上を渡っていきながら

指導者に指示された積み木をしゃがんで拾います。

 

指定された色の積み木を拾うこと、決められた数の積み木を拾うことが

子どもの認知力を高めていくので、さらに指示の出し方も工夫していきます。

「赤を1つと緑色を2つ」「黄色くて三角の積み木を2つ」

「丸くてトマトの色」など、色や形、数でアレンジした指示を出します。

 

縄の上から落ちないようにしゃがんで拾う動きは

やってみるとフラフラして意外と難しい動きです。

強いバランス力も育つので、とてもおすすめの遊びです。