ヘッダー画像

逆さ感覚を身につけて動きの幅を広げましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に逆さまの感覚を身につけておくことは、

動きの幅を広げることにつながります。

動きの幅が広がると、今までできなかったことができるようになり、

本人の大きな自信につながります。

自信は、子どもの成長にとってとても重要な要素です。

自分に自信を持ち、自己肯定感を高めていけるような

運動遊びの指導を、私たちは心がけています。

 

運動遊びプログラムの「エントツ」をご紹介します。

これは、鉄棒で逆さまになり逆さ感覚を育てる遊びです。

まず、両手で鉄棒にぶら下がり膝をかけたコウモリになります。

そこから足を離して上に向かってまっすぐ伸ばし

顎を開いて完全に逆さまの状態になったら完成です。

 

腕の力だけで鉄棒につかまり、頭が下で足が上という形になるので

コウモリや豚の丸焼きよりもさらに逆さまの感覚が身に付きます。

そして、足をまっすぐに伸ばした形を維持するために

腹筋や背筋が強く刺激されて育ちます。

 

補助者は落下を想定して子どもの手首をつかむ補助を行い、

安全で効果的な運動遊びにしていきましょう。