ヘッダー画像

子どもの語彙力を伸ばすように遊びを工夫しましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の言葉の発達や理解力を上げるためには、

日常の中で言葉と触れる機会を増やし、

いろいろな言葉の種類や言い回しなどを聞かせることも大切です。

そして、その言葉を使って自分で考えて判断しながら遊んでみましょう。

 

運動プログラムの「配達ゲーム(ジグザグ、幅跳び、高さコース)」で

語彙の理解を深めながら脳を活性化させて遊ぶことができます。

まずは縄などを使って3種類のコースを作ります。

その先に3つのバケツを用意し、それぞれに絵を貼っておきます。

絵は子どもが認識しやすいように、りんご、ぶどう、バナナなどにします。

子どもは、コースを選んでジャンプで進みながら、

指導者に指示された絵のバケツにタオルや雑巾を運んで入れます。

 

指示の出し方を「りんご」だけでなく「りのつく赤い果物」にするなど、

子どもが少し考えることができるようにしていきましょう。

そして、最初に指示されたバケツを複雑なコースを進みながらも最後まで

忘れずに記憶しておくことで記憶力も身に付きます。

 

コースのレベルや長さなどは、子ども達の様子を見て調整するようにしましょう。

あまり長いコースだと途中で飽きてしまったり、

やる気を損なうことにつながるので、楽しめる程度のコースで

繰り返し行なうことがポイントです。