ヘッダー画像

2つのことを同時に行う器用さを育てましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動遊びプログラムの「川を跳び越しながら途中でタンバリンタッチ」

という遊びをご紹介していきます。

この動きで、跳び箱を跳んだ時の空中姿勢の安定や、

跳ぶ、手をつく、着地するという流れに余裕を持たせることができます。

そして、跳びこしとタンバリンタッチの2つを同時に行なうことで

器用さといった力も育てることができます。

 

遊び方は、2本の縄を用意して幅30cmほどの川に見立てた物を作ります。

この川を跳び越えながら指導者の掲げるタンバリンをタッチしましょう。

指導者は川をまたぐように立ち、

タンバリンを出す高さは子どもの頭より少し高い位置に出します。

位置が高すぎても低すぎてもやりにくいので、

子どもの身長に合わせて高さを調節します。

ジャンプするときは足がバラバラにならないように

足をくっつけたカンガルージャンプで跳びこしましょう。

 

最初に指導者が、上手な見本と下手な見本を大げさに見せておくと

良い形をイメージしながら行なうことができて効果的です。

跳ぶ、タッチする、着地するという流れをスムーズに行なえるように

練習して、跳び箱の動きにつなげていきましょう。