ヘッダー画像

集団遊びの基礎、2人組みでの遊びをしましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

友達と一緒に遊ぶ時には、自分が楽しいだけでなく、

相手のことも考えることがとても大切です。

このことを意識させていくために、2人組みになっての遊びも

集団遊びへの基礎として幼児期から始めていきましょう。

 

2人組みで遊ぶ「亀コースター」をご紹介します。

簡単に言うと、お友達を引っ張る遊びです。

亀役の子はうつ伏せになって両足を曲げてお尻にくっつけます。

そして引っ張る役の子と両手をしっかりつなぎます。

引っ張る子はお友達の方を向いたまま後ろ向きに引っ張ります。

 

亀役の子は、腕を曲げて上半身を少し浮かせた状態にすると

進みやすくなり、背筋を中心とした緊張筋が発達します。

引っ張る役の子は、足の指先の踏ん張る力や、腹筋背筋も育ちます。

これ以外にも、進む方向や引っ張る強さ、速度などを

相手をよく見ながら行なうことが必要になるので、協調性も養われます。

2人で息を合わせることがとても大切になる遊びです。

お互いに相手のことを考えられるように声掛けして、

集団遊びへとつなげていくようにしましょう。