ヘッダー画像

考えながら動くことは脳を鍛えるのに最適です。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私たちの脳が体に「動け!」と命令するためには

脳の前頭前野における運動のプログラミングが必要です。

このプログラミングがスムーズに行なえると動きもスムーズになります。

そのために、考えながら体を動かす遊びを行ないましょう。

 

運動遊びプログラムの「グーパー跳び」のご紹介をします。

体全体で「グー」と「パー」を表現するので、まずはその形を説明します。

グーは、腕を曲げて胸につけ足は両足を閉じてくっつけます。

パーは、両手はバンザイのように広げ、足も横に大きく広げます。

そしたら、指導者の「グー」「パー」の声に合わせて動きましょう。

動くときには自分でも「グー」「パー」と言いながら動き、

1回1回ジャンプして形を作りましょう。

手足に同時に意識を向けながら、形を覚えていて動くことは、

最初はなかなかうまくできないかもしれませんが、

繰り返すことでスムーズにできるようになっていきます。

 

慣れてきたらリズムを変えたり、「グー」と「パー」を

ランダムにしたりして、レベルアップを目指しましょう。