ヘッダー画像

縄跳びを跳び続けるための練習「回転大縄跳び」。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

短縄跳びでも大縄跳びでも、連続して跳び続けるためには、

その場でのジャンプをすることが必要です。

跳びながら前後左右に動いてしまうとバランスも崩れやすく、

連続して跳び続けることができません。

そのために床にテープで四角を作って、

そこから出ないようにしながら跳ぶのも良いですが、

その場で回転しながら跳ぶ方法も行なってみましょう。

 

大縄跳びで跳びながら、1回ジャンプするごとに90度ずつ

時計回りに回転していくようにします。

できたら180度ごとにしたり、反対周りでもやってみます。

体の操作能力やバランス力も良くなるので、ぜひやってみてください。