ヘッダー画像

逆さまでも自分の体の形をイメージできるようにしましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の逆さまの感覚を養っておくことは、

その後の運動能力の発達に大きく影響します。

赤ちゃんの時に抱っこ遊びの延長で、逆さまになる体験をしていれば

自然と感覚が身に付いていくものですが、

今は親子で抱っこ遊びをする時間がとても減ってしまっています。

そのために、親子のふれあい遊びやお父さんの腕にぶら下がる遊びも

経験したことのない子が増えています。

逆さまの感覚も、ぶら下がる力も幼児期から育てていくべき力です。

たくさん運動遊びをして、力を付けていってほしいと思います。

 

鉄棒遊びの「お便りコウモリ」をご紹介していきます。

コウモリは、鉄棒に両手と膝で逆さまにぶら下がる遊びですが、

このコウモリの状態から足を離して顔の方にまっすぐ伸ばします。

腕だけでぶらさがりながら、逆さまの前屈のような形になります。

この時腹筋や背筋に力を入れなければ勢いよく回ってしまうので、

ゆっくり体を調整して形をイメージしながら足を動かします。

逆さま状態でも慌てずに動ける力をつけましょう。

 

補助は、足を離したときに勢いよく回ってしまった場合に

肩の関節を脱臼してしまう恐れがあるので、

それを防ぐために子どものお腹の前で腕を出しておきます。

運動を提供するときは安全確保がとても重要なので

いつも先を予測して補助につけるようにすることも大切です。