ヘッダー画像

幼児期は巧緻性を高め、動きの基礎力を養いましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期には、強い筋力を必要とするようなパワー系の運動よりも、

巧緻性を高めるような運動をすることが大切になります。

巧緻性とは手先を器用に動かすことですが、

リズム良く動くことや運動能力とも深く関わっているので、

手足の指先まで神経を行き届かせながら動く遊びが効果的です。

この能力を高めることは、知能の発達にも大きく影響するので、

小さいうちから発達を促していく必要があります。

 

運動プログラムの「焼いもごろごろ」では、四肢に意識を向け、

腹筋背筋を使いながら体の動きを調節する要素があります。

楽しく回転感覚を身につけることができるのでとてもおすすめです。

やり方は、マットに寝転がり両手はバンザイのようにまっすぐ伸ばし、

足も膝を伸ばしてまっすぐにします。

その状態で横にごろごろ転がります。

回転する感覚を身につけておくと、前転や側転、逆上がりの動きの

基礎になるので繰り返し行うと良いです。

慣れてきたらお友達と手をつないだ状態でやってみても

楽しみながら社会性も養われるのでおすすめです。