ヘッダー画像

前回りの基礎の動き「すずめさん」で遊びましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

鉄棒遊びで必ず行なうのが「前回り」です。

前回りをするのに必要な力は手や腕の力はもちろんのこと、

回転する感覚や高所感覚も身につけておく必要があります。

前回りの動きは鉄棒に乗っている不安定で高い位置から、

何もない空間に頭を下ろしていくので、とても怖さがあります。

最初から回る動きをすると恐怖心を抱きやすいので、

まずは必要な力や感覚を身につけていくほうが習得がスムーズです。

 

前回りの前段階の「すずめさん」をご紹介します。

鉄棒につかまって飛び乗ったら、腕をしっかり伸ばして

お腹と腕でしっかり体を支えます。

そしたら両足は閉じてまっすぐ伸ばし、顔は前を向きます。

これですずめさんの完成です。

この遊びで、握力、腕の支持力、体のバランス力、

そして高所感覚を身に付けておくことで、

抵抗なくスムーズに前回りに移行することができます。

 

子ども達は痛い思いや怖い思いをすると、やりたくなくなってしまいます。

1つ1つ確実に力を育て、失敗経験を減らしながら運動を習得し、

自信につなげていくことが、運動だけでなく

勉強や日常生活でも役立つ力になります。