ヘッダー画像

姿勢を良くし、視野を広げて動けるようにしましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達がサッカーや鬼ごっこなどをして遊ぶとき、

広い視野で動くことができれば、周囲の状況をより多く

取り入れることができ、有利になります。

立っている時も座っている時も背筋を伸ばした良い姿勢を

維持できるように、必要な筋力を養っていきましょう。

 

座ったままでできる「カップ取り合いゲーム」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、横に並んで座ります。

座り方は体操座りのように膝を曲げて座り、両手は後ろにつきます。

そして1人が紙コップを足の親指と人差し指で挟んで持ち上げ、

もう1人の友達に渡します。

受け取る方も足の指で挟んで受け取ります。

これができるようになったら、今度は取り合いをしてみましょう。

 

手は使わずに足を持ち上げて行なう動きなので、

つま先から腰までの力の連動や、腹筋も鍛えられます。

腹筋背筋は姿勢保持のためにとても重要な筋肉です。

お腹に力を入れて、行なえるようにしましょう。

 

この遊びは力で競うものではなく、器用さが求められるので、

普段かけっこやジャンプ遊びで活躍できない子でも

目立つことができる遊びです。

ぜひ、そんな子の姿を見つけてたくさん褒めてあげてください。