ヘッダー画像

「さるのボール投げ」で友達と競争してみましょう。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

幼児期には様々な経験を積ませてあげることがとても大切です。

その中で良いことも嫌なことも経験し、

物事に対する意欲や協調性、我慢や競争心などを学んでいきます。

年少さん頃になるとこういった心の成長がどんどん進みます。

それを促していけるような指導を心がけたいものです。

 

さて、鉄棒遊びの「さるのボール投げ」をご紹介します。

鉄棒にぶら下がるおさるさんに変身したら、

足の指先をうまく使って両足でボールを挟んで持ち上げます。

この時、できるだけ肘を曲げて行ないます。

そしたら体を揺らして反動をつけ、ボールを足で投げ飛ばします。

遠くまで投げることができるようになったら、

次は指導者にパスするように渡してみたり、

かごを置いて、中に投げ入れるようにしてみても楽しめます。

かごを置く場合は、入ったら何点などと得点制にして

友達と競い合うようにすると本気で取り組めますね。

個人戦やチーム戦で競争してみながら、

勝つこと、負けること、作戦を立てること、協力することなど

いろいろな気持ちを味わいながら遊びましょう。