ヘッダー画像

「芋虫バランス」で腕の力を育て、イメージ力を刺激します。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達の中には、保育園や学校、公園などにある遊具で

上手に遊ぶことができない子も多くいます。

腕や足、腹筋などの基礎的な力が不十分なために、

うまく遊びこなすことができないのです。

うまく遊べないと楽しくないので、さらに遠ざかってしまいます。

これではますます筋力や体力が育たず、

疲れやすい、怪我をしやすい、姿勢が悪い体になり、

そしてそれは学力の低下にもつながります。

幼児期の運動遊びは本当に大切です。

心と体の健康維持のためにも、日常的に取り組んでほしいと思います。

 

運動遊びプログラムの「芋虫バランス」遊びをご紹介します。

平均台を2本用意し、くっつけて縦に並べます。

子どもは平均台の端にうつ伏せで乗り、

両手で平均台の横を挟むように持ち、足はまっすぐ伸ばします。

そしたら腕を伸ばして平均台をつかみ、腕の力で体を引き寄せてみます。

これを繰り返して前に進んで行きますが、

手の力だけで進めない場合は足も使って良いです。

そして同時に、バランスを崩して落ちないことも意識しなければいけません。

特に足が落ちやすいので、しっかり意識を向けて行ないます。

 

誰が一番上手な芋虫さんに変身できるか、やってみましょう。