ヘッダー画像

裸足の活動で足の指先の使い方を覚えていきます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達はいつも靴や靴下をはいて生活しているので、

なかなか足裏の感覚が育ちません。

そのため、足の指先に力を入れて踏ん張ることや

バランスを取ることが上手にできなくなります。

足の指先に力を入れ、地面を蹴ることが上手になると

かけっこで走るのが速くなります。

運動会に向けて、足のつま先の力の発達を促していきましょう。

 

今日ご紹介する運動遊びは「ジグザグつなわたり」です。

長めの縄を用意し、床にジグザグに置きます。

子どもはその縄の上だけを裸足でつま先歩きで渡っていきます。

バランスをとりやすくするために、両手を広げ

肩の高さまで上げて進みます。

この時目線が足元ばかりに向いてしまうと

かえってバランスを崩しやすくなるので、

数メートル先を見ながら歩くと安定して歩けます。

 

縄から落ちないことを強く意識つけるためには、

縄の両サイドは海や崖という設定で行なうと

落ちないように集中して取り組む動機付けになります。

ただその動きを行なうだけではすぐにつまらなくなってしまうので、

こうした設定を加えることで楽しめるようにすることが大切です。