ヘッダー画像

「うつ伏せレスキュー隊」で引き付け力を付けます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

子ども達が外で木登りなどの遊びをしなくなり、

子ども達の腕の力もとても弱くなってしまっています。

木登りや登り棒などで使うのは、腕を引き付ける力です。

この力は鉄棒にも必要な力なので、ぜひ養って欲しい力です。

 

運動遊びプログラムの「うつ伏せレスキュー隊」では

この力を、遊びながら身に付けていくことができます。

遊び方は、縄を用意し端を柱などに結びつけるか指導者が持ちます。

子どもはうつ伏せになって縄につかまり、

片手ずつ自分の体のほうに引き寄せながら進みます。

できれば足は使わずにまっすぐ伸ばして行ないますが、

進まない場合は足も使って構いません。

それでもなかなか進めない子は、縄を両手で握らせて

指導者が縄を持って引っ張りながらたぐり寄せます。

この時急に強く引っ張ると怪我の原因になるので、ゆっくり引っ張ります。

 

日常の生活ではなかなか行なわない動きを取り入れ、

子ども達の基礎筋力や体力を育てていきたいと思います。