ヘッダー画像

楽しいストーリー展開で子どもの興味を引きながら遊びます。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は楽しい活動が大好きです。

鉄棒や跳び箱も、ただその動きを行なわせるのではなく、

ストーリー仕立てで楽しく導入していくことが

子ども達のやる気を引き出し、力を育てていくポイントです。

 

運動プログラムの「幅跳びカンガルー」では、

縄やマットなどを使って20センチほどの幅を作り、

そこを足を閉じたカンガルージャンプで跳びこします。

この遊びでも、跳び越す場所を落とし穴や川に見立てることで

子ども達に”やってみたい”と思わせることができます。

さらに「川に落ちると中にいるワニさんにお尻をかじられちゃうかも!」

と付け加えることで、より落ちないように意識付けすることができます。

そして、落ちないようにおおきなジャンプをするために

大切なポイントも、良い見本悪い見本を見せることで

しっかり子ども達に意識付けましょう。

 

このように、楽しく効果的な運動遊びができるのが「柳沢プログラム」です。